高血圧を改善する対処法。目指せ、脱・アムロジピン!

40代で高血圧と診断され、病院で処方されたアムロジピンを飲み症状を抑える。しかし、その薬をやめることができなくなり始めた頃に薬のリスクを聞き、意念発起。身体の内面から治療開始。血圧が下がると聞けばいろいろ試しました。その過程をブログにしてます。

ナカメ式足指バンドで高血圧が改善するのかやってみた

ナカメ式足指バンドというものを知っていますか?

実は、このナカメ式足指バンドというは、その人の全身のバランスをチェックした上で、足の指にゴムバンドを装着することで、慢性痛(腰の痛み・膝の痛み・股関節の痛みなど)を解消するというものです。

 

f:id:shuppanproduce:20170831133327j:plain

 

たかがゴムバンドとお思いかもしれませんが、これがバツグンに効くんです。

ぎっくり腰でろくに歩けない人でも、装着後すぐ普通に歩けるようになるぐらいですから(実績は多数あるので、疑われるなら、是非、お試しください)。

 

実は、しっかりとした理論に裏付けされているのですが、私は専門外なので、ここで説明することは避けますが、簡単にいうと装着した指がつかさどる経脈が緩み、体のバランスが整い、痛みが消えるということみたいです。

 

で、思ったのが、経脈が緩むという効果です。

 

鍼灸や推拿といった中医学の施術を受けると、かならず症状に関係する経絡のコリを取ることで、その症状を解消しようとします。

ということは、その経絡のある経脈が分かれば、その経脈をつかさどる指に足指バンドを装着することで、その経脈が緩み、そして経絡のコリが緩和され、症状が解消されるのではないだろうかと考えました。

 

 

まずは厥陰心包経に装着

高血圧であれば、最初、心臓に関わる経脈である少陰心経(手の小指)か厥陰心包経(手の中指)と思い、それぞれに装着しました。

 

何もなし→166

手の小指のみ→162

手の中指と小指→161

手の中指のみ→156

 

装着したらすぐにこのように変化があったのです。

足指バンドを外すと元に近い数値に逆戻り。

これは効果があると確信し、まずは厥陰心包経(手の中指)に着け続けて検証してみたいと思います。

 

次は陽明大腸経に変更

足指バンドを厥陰心包経(手の中指)に着けて一週間経ったのですが、その後の変化は見られず、数値も150以下には下がらず停滞。

 

もしかしたら、高すぎる数値を抑制してはくれるのかもしれませんが、改善にはつながっていないのではないかと思い、見直すことにしました。

 

高血圧に効くと言われているツボを考えてみました。

よく言われているのは、『合谷』と『曲池』。

ということは、この2つのツボをほぐせば高血圧の改善が見られるかも…。

 

調べると、『合谷』と『曲池』のどちらも陽明大腸経という経脈に属しているらしい。

つまり、陽明大腸経をつかさどる手の人差し指に装着すればいいのでは?という仮説を立てて、また一週間ほど検証しようと思います。